【友だちが少ない!】子どもが友達の輪の中に入れないときの3つの対処法

tomodachi-hairenai

「子どもが友達の輪の中に入れないみたい…」
 
とお悩みではありませんか?
 

・うちの子はおとなしいから…
・少し気が弱いところがある…
・もっと勇気を持ってほしい…

 
幼稚園などで、
みんなが一緒に遊んでいるのに
ひとりでポツンとしている…。
 

そういう状況を
先生から伝え聞くと
「大丈夫かな…?」
と心配になりますよね。
 

そうなんです…。
何か良い方法はありますか?
 
はい、ご安心ください♪
 
それでは今回は、子どもが友達の輪の中に入れない!
という問題について解説していきます。
 

なぜ、友達の輪の中に入れないの?

子どもの性格が関係している

子どもが輪の中に入れず
ポツンとしている。
 

それは子どもの
元々の性格の特徴が関係しています。
 

友だちの輪の中に
気楽に入っていける子もいますし、
そういうのが苦手な子もいます。
 

どちらが良いとか悪いではなく
性格の違いなんですね。
 

世の中の風潮として
「みんな仲良く一緒に!」
という方が良いとされがちです。
 

でも必ずしも全員が
多数派に馴染まなくても良いんです。
 

なるほど、そうなんですね。
でも、少しはみんなと交流を持って欲しいなぁ…。
 
もちろん、そうですよね♪
 

では、ここから
子どもが友だちの輪の中に入れないときの
3つの対処法
をご紹介しますね。
 

【すぐわかる!】子どもが友だちの輪の中に入れないときの3つの対処法

1.みんなで遊ぶことを強要しない

たとえば、
公園でみんなが遊んでいるところに
「ボクも入れてって言いなさい」
「一緒に遊んできなさい」

と親が子どもに強要するのはよくありません。
 

そういうのが苦手だから
今までひとりでいたわけですよね。
 

それを無理やりさせるのは
子どもにとって辛いことです。
 

2.一人でいることを否定しない

まずは子どもが、
それほど社交的な性格ではない
ということを両親が受け入れましょう。
 

そして子ども自身が
輪の中に入れないことを
悩んでいないのなら
そこまで焦る必要はありません。
 

子どもの性格を
そのまま受け入れることが大事です。
 

かと言って、
いつまでも一人のまま
というのも勿体ないことです。
 

ですので、
次に紹介する方法を
試してみてくださいね♪

3.まずは2人から始める

いきなり大勢の中に
飛び込んでいくのは大変でしょう。
 

なので、
自分の子どもが遊んでいる所に
周りにいる子を引き込む

ように親が誘導してみましょう。
 

警戒心の少ない子どもは
すんなりと一緒に遊び始めます。
 

まずは2人からで良いでしょう。
だんだん増えていくかもしれません。
 

「自分の子どもの遊びに
他の子を招き入れる」

という方法をぜひ試してみてくださいね♪
 

【まとめ】まずは2人から始めよう!

まとめると、子どもが友だちの輪の中に入れない!
という問題については、
 
子どもの性格の影響が強い
 
ということを踏まえて

1.みんなで遊ぶことを強要しない
2.一人でいることを否定しない
3.まずは2人から始める

この3点に気をつけて対処していきましょう。
 

「明るく、楽しく、快活に」
というのが世間では良しとされがちです。
 

でも子どもにはそれぞれ個性があります。
 

無理やり、模範的な子ども像に
当てはめるのは良くありません。
 

子どもの本来の性格が
自然な形で伸びてゆくのが理想です。
 

他のみんなと違う、
ということを恐れず
子どもの個性を引き出してあげましょう♪