【好き嫌いが多い!】子どもの偏食を治すための3つの方法

suki-kirai

「子どもの好き嫌いが多くて…」
 
とお悩みではありませんか?
 

・野菜をぜんぜん食べない
・叱っても、ぜったい食べようとしない
・偏食がひどいから献立を考えるのが大変!

 
誰でも子どものうちは
好き嫌いがありますよね。
 

大人でも「全く偏食がない」
という人は少ないんじゃないでしょうか?
 

でも親としては
せめて栄養が偏らないくらいには
何でも食べて欲しいですよね。
 

そうですね。うちの子はホントに
食べれないものが多くて困っちゃう。
 
なるほど、そうなんですね。
 
では今回は、子どもの好き嫌いが多い!
という問題について解説していきます。
 

なぜ、子どもは好き嫌いが多いの?

子どもが好き嫌いが多いのは
いったいなぜなんでしょうか?
 

原因は主に3つあります。
 

1.子どもの味覚は鋭い

子どもの味覚は
大人よりずっと鋭いんです。
 

その鋭さは
大人の約3倍と言われています。
 

大人には普通に思える味付けも
子どもは強めに感じるんですね。
 

2.過去のイメージの影響

例えば、
子どもが好物を食べ過ぎてしまい、
食後、吐いてしまったとします。
 

そうすると、そのときの
気分が悪くなったイメージ
頭に残ってしまうことがあります。
 

このように、
過去のイメージが偏食の原因
になることも多いんですよ。
 

3.ジャンクフードの影響

子どもに
ジャンクフードを食べさせ過ぎる
のも偏食の原因となります。
 

ジャンクフードは
もともと人間が好む味を強調
した味付けになっています。
 

味覚が敏感な子どもは
その味のトリコになってしまうことも。
 

そうなると、
普通の食事では満足できなく
なってしまうんですね。
 

どうすれば改善できるの?

なるほど、そうなんですね。
でも偏食って改善はできるんですか?
 
はい、ご安心ください。
 

それでは、今から
子どもの偏食を治すための3つの方法
をご紹介していきますね。
 

【すぐわかる!】子どもの偏食を治すための3つの方法

1.食事をすべて残させるのはNG!

子どもが食事をほとんど食べない。
どうも嫌いなものが入っているようだ、という場合。
 

そのとき、子どもが
「もう、お腹いっぱい…。」
と言ったとします。
 

あなたは「仕方ないわね」と
それを許していませんか?
 

確かに無理に食べさせるのはダメです。
 

しかし、
ほとんど口をつけずに残すこと
を許してしまう
のは考えものです。
 

これでは偏食はなかなか治りません。
 

ですので、こういうときは
次のような方法を試してみてくださいね♪
 

2.少しだけ食べさせる

ほとんど口をつけずに
残してしまうのはNGです。
 

では、どうするか?
 

残すはずだったものを
1/4程度だけお皿に残してください。
 

こうすると子どもは
「これくらいなら、どうにか…」
と食べてくれることがあります。
 

コツはほんの少しでも良いから
食べさせる
こと♪
 

食べてみると「美味しい!」と
言うことも多いんですよ♪
 

3.好きな料理に嫌いな食材をこっそり入れる

もし人参が嫌いなときは、
子どもが好きな料理に細かくして
分からないように入れてみましょう。
 

臭みのある食べ物のときは
香辛料・調味料などで臭いを消す
ようにしてください。
 

きっと気付かずに食べてくれますよ♪
 

そうしたら食後に
「あれ、人参入ってたんだよ。
ちゃんと食べれてすごかったね♪」

とほめてあげます。
 

子どもはうれしがって、
だんだん苦手意識がなくなっていきますよ♪
 

【まとめ】少しでも食べさせることが大事

まとめると、子どもの偏食が多い!
という問題については、
 
子どもの味覚は
大人よりも敏感である

 
ということを理解した上で

1.食事をすべて残させるのはNG!
2.少しだけ食べさせる
3.好きな料理に嫌いな食材をこっそり入れる

この3点に気をつけて対処していきましょう。
 

無理に食べさせるのはNGです!
 

それが原因で、子どもが
食事の時間を恐怖に思う
ようになることも考えられます。
 

一口でも食べられたら大前進
という気持ちでも良いくらいです。
 

あまりに偏食がひどくて
必要な栄養が足りていないのでは?
 

このような不安をお持ちの方は
偏食の子どものための栄養補助飲料
を検討するのも良いでしょう。
 

1杯で1日に必要な栄養の約8割を摂取でき、
成長ホルモンを出やすくする成分も含まれています。
 

詳細はこちらから(公式ページ)
 

こうした栄養補助飲料を
うまく利用するのも良いでしょう。
 

あまり厳しくし過ぎず
一歩一歩じっくりと取り組んでいきましょうね♪