【子どもの食事】毎日、同じ時間にした方が良いの?おやつは必要?

shokuzi-zikan

「食事の時間は毎日同じ方が良いの?」
 
という疑問をお持ちでしょうか?
 

・働いているのでご飯が遅くなってしまう
・昼食と夕食の間が空くとき間食は必要?
・忙しくて食事を作れないこともある

 
働きながら子育てをする
お母さんは多いですよね。
 

多忙なので、
どうしても食事の時間が一定にならない…
 

ときには、
夜9時頃になってしまうことも…
 

「これって子どものために良くないよね?」
 

という風に悩まれている方が多いようです。
 

そうなんです。
残業などもあると難しいですよね…。
 

そこで今回は、
食事の時間は毎日同じ方が良いの?
という点についてまとめてみました!
 


 

食事は毎日、決まった時間に摂るべきなの?

「毎日同じ時間に食事をする方が良い」
というのはよく聞きますよね。
 

でもなぜなのでしょうか?
 

その答えは、
人間の体の仕組みにあるんです。
 

体が食事の時間を覚える?

人間の体は本当に良くできています。
 

いつも決まった時間に、
食事を摂っていると、
そのリズムを身体が記憶するんです。
 

たとえば、
「毎日夜7時に夕食を食べる」
ということを続けると…
 

胃や腸などの内臓が
夜7時に合わせて、
消化や吸収の準備をするようになります。
 

これは人間の体内時計の力なんですね。
 

体内時計の仕組みとは?

私たちの体には、
体内時計というものがあります。
 

それは日光を浴びたり、
食事を摂ったり
することで
調整されていくんです。
 

なので、
・決まった時間に寝起きする
・決まった時間に食事を摂る

ことで、体のリズムが一定になるわけです。
 

そうなんだ♪
でも何時頃にすれば良いんだろう?
 

それでは次に、
食事の時間をどう決めるか?
その目安についてご説明します♪
 


 

【すぐわかる!】食事の時間は何時がベスト?

では食事の時間は
何時頃がベストなんでしょうか?
 

これについては、
食事の間隔が5時間おきになる
ような時間にすると良いでしょう。
 

たとえば、
学校の給食は12時が多いですよね。
 

なので、朝ご飯は7時頃
12時の5時間前ということですね。
 

夕食も同じ考え方です。
 

給食の5時間後だから
夜ご飯は19時頃が良いと思いますよ。
 

ただし、これだと
・子どもは一度にたくさん食べられない
・運動量がとても多い

こともあり、エネルギーが不足してしまうかもしれません。
 

おやつも食べさせよう!

エネルギー不足を解消するには
おやつをあげましょう♪
 

スポーツをする子どもは特に必要です。
 

15時頃に、満腹にならない程度の
おにぎりサンドイッチ
に与えるのが良いと思います。
 

もしくは、
野菜がたっぷり入ったうどん
なども良いでしょう。
 

お菓子より軽食というイメージですね。
 

スナック菓子や清涼飲料水はダメ?

スナック菓子や清涼飲料水を
与えるのは問題ありません。
 

ただし、与えすぎないようにしましょう。
 

基本的におやつは、
軽い食事と考えてください。
 

お菓子よりも、
おにぎり・サンドイッチ等の方が
栄養面で優れています。
 

特に子どもが不足しがちな
・エネルギー
・ミネラル
・カルシウム

などを補うことができます。
 

子どものおやつについては、
以下の記事に詳しく書いています。
よろしければ、お読みくださいね♪
 

oyatsu

【子どもにおやつは必要?】虫歯や肥満が心配!おやつを与えるときの3つのポイント

2017年12月8日
 

仕事の都合で夕食が遅くなってしまうときは?

お仕事の都合などで。
「夕食がどうしても遅くなってしまう」
という方は多いですよね。
 

たとえば、
食事が21時頃になる場合。
 

こうしたときは、
18時頃に軽食を食べさせると良いでしょう。
 

ただし、
与える量に注意してくださいね。
 

小さめのおにぎりや
サンドイッチを1つだけ。
このくらいで充分です。
 

事前に準備して、
冷蔵庫に入れておき、
子どもに伝えておきましょう。
 

たまには外食やデリバリーも

育児や仕事で、
多忙なお母さんは本当に多いです。
 

そんなときは、
外食やデリバリーに頼るのも良いでしょう。
 

たまに食べると美味しいですよね♪
良い気分転換にもなります。
 

毎日でなければ、
まったく問題ありませんよ。
 

【まとめ】食事は決まった時間が摂ろう!

なるべく決まった時間に
食事を摂るように心がけるのが重要です。
 

でも、あまり神経質にならなくても大丈夫♪
 

「どうしよう、遅れちゃう…」
とプレッシャーになるのは辛いですよね。
 

たまに遅れる日があっても、
長期的に見て、大体同じ時間を
キープできれば問題ありません♪
 

あまり堅く考えなくて大丈夫ですよ♪