【上手な叱り方】子どもを叱っても直らない!原因と3つの対処法

shikarikata

「子どもを叱っても全然、直らないの…」
 
とお悩みではありませんか?
 

・同じ失敗を繰り返すのよ…。
・叱ってもぜんぜん直らないの…。
・私の叱り方がまちがってるの?

 
子どもが「叱られること」を
するのは仕方のないこと。
 

でも、
「ダメよ!」と叱ったのに
同じ失敗をくり返すのを見ると
「何でなの?」
と思ってしまいますよね?
 

そうなんです…。
こういうときはどうすれば良いんでしょう?
 
はい、ご安心ください♪
 
今回は、子どもを叱っても直らない!
という問題について解説していきます。
 

なぜ、子どもは叱っても直らないの?

子どもが
「叱られること」をしてしまうのは
しょうがないですよね。
 

生まれてまだ
何年も経っていないので、
世の中のルールなんて
ほとんどわかりません。
 

つまり子どもは
経験や知識が少ないため
「叱られること」をしてしまうんですね。
 

では、なぜ子どもは
叱っても同じミスをしたり、
直らなかったりする
のでしょうか?
 

その答えは
まだ未熟なため、叱られたことを
理解して改めることが出来ない

からなんです。
 

親としては、
「それ前にも言ったじゃん!」
と思うようなことも
子どもは1回では理解できないんですね。
 

さまざまな経験を経て
何度か注意されて、やっと
「あ、そういうことなんだ!」
と理解するんですね。
 

なるほど。
でも、なるべく叱る回数は減らしたいですね…。
 
もちろん、そうですよね。
 

それでは、今から
子どもを叱っても直らないときの
3つの対処法
をご紹介していきますね。
 

【すぐわかる!】子どもを叱っても直らないときの3つの対処法

1.疑問系で叱らない

子どもがルール違反をしたとき、
叱ること自体は悪いことではありません。
 

しかし、子どもが傷ついてしまう
悪い叱り方というのがあるんですよ。
 

たとえば
子どもが約束の時間を超えても
ずっとテレビを観続けていたとします。
 

そのときに
「いつまで観てるの!」
というように叱るのは良くありません。
 

この叱り方は
疑問形を使った叱り方
になります。
 

この「いつ」というところが
ポイントです。
 

もう少し例を挙げると
 
ゴミを床に捨ててしまったとき
どこに捨ててるの!」
 
机の上に立って遊んでいるとき
どこに立ってるの!」
 
などなど…。
 

「いつ・どこ・誰・どうして・何」
のような疑問形を使った叱り方をすると
子どもはただ文句を言われている
と感じてしまうんです。
 

こうならないためにも
次のような方法を試してみてくださいね♪
 

2.具体的な叱り方をする

たとえば、
ゴミを床に捨ててしまったとき。
 
「どこに捨ててるの!」
ではなく
「ゴミはゴミ箱に捨てなさい」
 
という風に具体的に叱りましょう。
 

こう叱れば
子どもは「次はどうすればいいか」
具体的に理解することが出来ます。
 

まだ未熟な子どもですから
あいまいな言い方はNGです。
 

大人なら何となく
察することができることでも、
子どもにはわかりやすく伝えましょうね♪
 

3.直ったらほめてあげよう

以前、叱ったことが直った場合は
「ちゃんとできるようになったね♪」
とほめてあげるようにしましょう。
 

そうすると子どもは、
ほめられてうれしいので
次からはもっと理解しよう
と思うようになりますよ♪
 

【まとめ】具体的に叱ることが大事

まとめると、子どもを叱っても直らない!
という問題については、
 
子どもは未熟なので
一度叱っただけでは理解できない

 
という事実を踏まえて

1.疑問系で叱らない
2.具体的な叱り方をする
3.直ったらほめてあげよう

この3点に気をつけて対処していきましょう。
 

私たちは何でも
大人の基準で考えがちです。
 

ですが、
子どもはまだまだ未熟な存在。
 

大人ならカンタンに理解できることも
子どもには「う~ん…?」となる
ようなことは多いんですよ。
 

ですので、なるべく
わかりやすく具体的に注意する
ことが重要なんですね。
 

ときには
同じミスを繰り返してしまう
こともあると思います。
 

でもそこは長い目で見てあげてくださいね♪