【産後、歯が悪くなった!】虫歯が悪化してボロボロに…。原因と3つの対処法

mushiba

「出産したら、虫歯が悪化してしまって…」
 

・歯が欠けてしまった
・忙しくて歯医者に行けない
・歯茎が腫れることも多い
 
産後、歯の状態が悪くなる方は本当に多いようです。
 

治したくても、赤ちゃんがいるから、歯医者にも行きづらいし…。
 

そこで今回は、
「産後、歯が悪くなってしまった!」ときの対処法についてまとめてみました。
 


 

【すぐわかる!】産後、歯が悪くなる原因って何?

赤ちゃんに栄養を取られてしまったから?

出産後、歯が悪くなるのは、なぜなのでしょうか?
 

産後、歯が悪くなる原因として、
よく聞くのは「赤ちゃんに栄養を吸い取られてしまい、歯が弱くなってしまう」という説ですよね。
 

ですが、実はそうではないんです!
 

産後のホルモンバランスの変化が原因

産後の虫歯の原因は「産後のホルモンのバランスの変化」の影響が強いんです。
 

女性は、赤ちゃんを産むと、
ホルモン分泌が大きく変化します。
 

このホルモンバランスの変化は、
虫歯以外にも様々な影響をもたらします。
 

例えば
「肌にシミが増えた」
「食の好みが変化した」

などなど。
 

さらに育児の疲れも加わる

ホルモンバランスの変化に加えて「育児によるストレス」も虫歯の悪化に拍車をかけます。
 

また忙しすぎて、歯みがきが雑になってしまう、というのも原因のひとつでしょう。
 

なるほど、そうなんだ。
じゃあ、どうすれば良いんだろう?
 

そこで次に、
「産後の虫歯対策!3つのポイント」をご紹介しますね♪
 


 

【すぐわかる!】産後の虫歯対策!3つのポイント

1.がんばって歯医者に行く

「それができないから、困ってるのに…」という気持ちも分かります。
 

ですが、虫歯は放って置いたら悪くなる一方。
 

ボロボロになってしまった後で
「もっと早く行ってれば良かった…」と後悔しても遅いんですよ。
 

先延ばしにすればするほど、

・治療費がかさむ
・治療に時間もかかる

という事態になってしまいます。
 

今は、キッズスペースのある歯医者も珍しくありません。
 

「私の近所にはない…」
という方も、あきらめないでくださいね。
 

ご近所の歯医者さんに
「子ども連れでも大丈夫ですか?」と聞いてみましょう。
 

最近は、こうしたことに理解のある歯医者さんも多いんですよ。
 

2.歯のケア方法を改める

もしかしたら産前の歯のケアの仕方が、あまり良くなかった可能性もあります。
 

出産前は、体が元気なので
大きな問題にはならなかったんですね。
 

しかし産後の体は、ごまかしが効きません。
 

最近は、デンタルケア用品も豊富です。
 

電動歯ブラシは使っている方も多いでしょう。
 

それ以外にも、良いものがたくさんあります。
 

こうした便利なものを活用して、
歯のケア方法について、一度考え直すのも良いと思いますよ♪
 

3.よく寝て、よく休む

歯のケアも大事ですが、
体全体の調子を整えるのも重要です。
 

そのためには、

・よく寝る
・よく休む
・栄養のあるものを食べる
・趣味でストレス解消

などが大事になってきます。
 

どれも基本的なことですが、
育児中はこれが難しいんですよね。
 

ですが、育児は長丁場です。
 

適度に息抜きをしないと、
体は悲鳴をあげてしまいますよ。
 

そうなれば歯だけでなく、
他の箇所も悪くなってしまうかもしれません。

・育児サービスを利用する
・親や家族に助けてもらう
・たまには手抜きをする
・レトルト離乳食などを利用する

など、自分の時間を作る方法はたくさんあります。
 

利用できるものは、なんでも利用しましょう。
 

【まとめ】原因はホルモンバランスの変化。体を労りながら、歯医者に通おう

女性の美しさにおいて、歯がキレイであることは、とても重要な要素です。
 

いつまでも美しい方は、
ダイエットやスキンケアだけでなく、デンタルケアも徹底しています。
 

もちろん芸能人のように、キレイにする必要はありません。
 

ですが、ある程度キレイな状態を保っていれば、自分の笑顔にも自信が持てます。
 

すると、生活そのものも明るくなっていくんですよ♪
 

笑顔にはそれだけの力があるんですね。
 

素敵な日々を送るためにも、
産後の歯のケアは大事にしてくださいね♪