【赤ちゃんの黄疸が治らない】完全母乳だと治りづらいって本当?原因と対処法

oudan

「赤ちゃんの黄疸がずっと治らなくて…」

・黄疸の症状が強い
・完全母乳だと、治りづらいって聞いた
・何が原因なの?

このようにお悩みの方は、本当に多いようです。

そこで今回は、
「赤ちゃんの黄疸が治らない!」ときの原因と対処法をご紹介します。

【すぐわかる!】赤ちゃんの黄疸の原因と対処法

原因は「ビリルビン」という物質の増加

黄疸の症状は、ビリルビンという物質が体内で増えることで発生します。

生後間もない赤ちゃんは、このビリルビンが一時的に増えることがあるんです。

このビリルビンの増加による黄疸を「生理的黄疸」と呼びます。

治療する必要はない

この「生理的黄疸」ですが、
ほとんどの場合、治療する必要はありません。

もしどうしても気になる場合は、赤ちゃんの白目を見てみましょう。

白目が黄色がかっていなければ大丈夫

生後2~3週間で白目が黄色がかっていなければ、肌が多少黄色くても、特に問題ありません。

母乳は関係あるの?

完全母乳の場合、治るまでには少し時間がかかることがあります。それでも生後1か月程度で治まるでしょう。

この時期を過ぎても、黄疸の症状がある場合は、お医者さんに相談してくださいね♪

【まとめ】とくに心配はいりません。成長とともに治まります

まとめると、
赤ちゃんの黄疸は「ビリルビン」という物質の増加が原因。

生まれて間もない赤ちゃんは、一時的にビリルビンが増えることがあるんです。

これを「生理的黄疸」と呼びますが、特に治療の必要はありません。

完全母乳だと、少し黄疸が長引くこともありますが、あまり心配しすぎる必要はありません。

赤ちゃんの成長とともに、自然に治まることがほとんどなんですよ♪