また吐いちゃった!赤ちゃんが母乳を何度も吐く「いつ乳」の原因は?対処法も紹介!

oppai-haku

「赤ちゃんが母乳を頻繁に吐くのが心配で…」
 

・ちょっとした刺激でも吐いてしまうみたい…
・どこか体に異常があるのかしら?
 
赤ちゃんが母乳を吐くのはよくあることですよね。
 

ただあまりにも、その回数が多いと「また?大丈夫かな…」と不安になってしまいます。
 

そこで今回は、ちゃんが母乳を何度も吐くときの対処法についてまとめてみました。
 

【すぐわかる!】赤ちゃんが母乳を吐いてしまう原因は?

原因は、胃が未発達だから

赤ちゃんは、ちょっとした外部からの刺激でも、吐いてしまいます。
 

これは、赤ちゃんの胃がまだ未発達なのが原因なんです。
 

そして、この症状は「いつ乳」と呼ばれています。
 

いつ乳のよくある例


・げっぷをしたときに吐いてしまう
・ウンチでいきむと吐いてしまう

これらは「いつ乳」のよくある例と言えます。
 

「いつ乳」の対処法は?

いつ乳の対処法ですが、とくに何もしなくても大丈夫。
 

赤ちゃんの成長とともに、胃の機能も発達します。
 

その過程で、自然と治まることがほとんどなんですよ。
 

鼻から出るのは大丈夫?

「鼻からおっぱいが出てしまう…」というお悩みも多いようですね。
 

ですが、これもよくあることで、特に心配はいりません。
 

なぜ、このようなことが起こるのか?と言うと…
 

「ノドと鼻がつながっているから」なんですね。
 

鼻から出ても心配ない

鼻からおっぱいが出ても、それが原因で、何か大きな問題が起こることはありません。
 

鼻の病気になることも、まずないでしょう。
 

吐く回数が多いのが心配…

「吐いてしまう回数が多くて心配…」という方も多いでしょう。
 

このようなときは、1回の授乳時間を短くしてみましょう。
 

そして授乳時間を短くする分、回数を多くしてみてください。
 

いきんだときに吐くのを防ぐには?

「うんちのとき、いきむと吐いてしまう…」
 

この場合は、赤ちゃんがウンチをしそうなとき、

・お腹をマッサージする
・肛門を綿棒などでつつく

などをしてあげると、あまりいきまなくても、ウンチが出やすい状態になりますよ。
 

ぜひ一度試してみてくださいね♪
 

【まとめ】あまり心配はいりません。成長すると治まります

まとめると「赤ちゃんがおっぱいを吐いてしまう」のは、胃が未発達なのが原因。
 

この症状を「いつ乳」と言います。
 

でも、あまり心配しなくて大丈夫。
 

成長とともに自然と治まることがほとんどなんですよ♪