【お絵かき上達法】子どもの絵が下手!上手くなるための3つの方法

oekaki

「子どもがお絵かきが苦手で…」
 
とお悩みではありませんか?
 

・何を描いてるのかわからない…
・他の子どもより明らかに下手…
・隅っこに小さく描くのは何で?

 
自分の子どもが
お絵かきが苦手だと
「もうちょっと上手く描けないものかな?」
と思うこともあるかもしれません。
 

絵が苦手でも
困ることはありませんが、
親としては、せめて平均レベルで
描いて欲しいな、と思ってしまいます。
 

そうそう。でも絵の才能は生まれつきですよね?
 
いいえ、そんなことはありませんよ♪
 
今回は、子どもの絵が上手になるための方法
について解説していきますね。
 

【すぐわかる!】子どもの絵が上手くなる3つの方法

お絵かきは子どもの代表的な
遊びのひとつですよね。
 

お絵かきが苦手でも
別に困ることはありません。
 

ですが、できれば
上手に描けるように
なって欲しいですよね。
 

そこで、ここからは
子どものお絵かきが上手になるための
3つのポイントをご紹介します♪
 

1.描いた絵をほめてあげる

お絵かきが上手な子どもに
共通してることをご存知ですか?
 

それはお絵かきが大好きなこと♪
 

「そんなの当たり前」
と思われるかもしれません。
 

ですが、技術的なことよりも
この「好き」という気持ちが
何より大事
なんですよ。
 

ではどうすれば子どもは
絵を好きになるのでしょう?
 

その答えは、
絵をほめてあげること。
 

親や先生にほめられると
子どもはうれしくなって
絵を描くのが大好きになります。
 
「上手に描けたね♪」
 
この一言がなにより
重要なんですよ。
 

2.描いた絵について話を聞く

子どもが描いた絵について
いろいろ聞いてみましょう♪

「この人は何をしてるの?」
「どこに行くの?」

など絵を見て感じたことを
聞いてみてください。
 

きっと子どもは

「これはね!〇〇してるんだよ♪」
「〇〇へ行くんだよ♪」

と目をキラキラさせて
答えてくれますよ。
 

こうして自分の絵に
興味を持ってもらうと
子どもは絵が大好きになります。
 

3.けなしたり、嫌な顔をしない

子どもが描いた絵に
ネガティブなことを
言わないようにしましょう。

「何これ…?」
「〇〇ってこんな色じゃないでしょ?」

こんな風に言われると
子どもは絵を描くのが
嫌になってしまいます。
 

【まとめ】子どもの絵をほめてあげよう!

まとめると、子どもの絵が上手になるための方法
については、

1.描いた絵をほめてあげる
2.描いた絵について話を聞く
3.けなしたり、嫌な顔をしない

ということを心がけましょう。
 

子どもはほめてあげると、
「もっと描いて、また認めてもらおう」
と思うものです。
 

これって実は大人も同じ。
 

一生懸命作った料理を
「美味しい!」と言ってもらったら
うれしいですよね。
 

逆に「う~ん…。」と言われたら
悲しい気持ちになるでしょう。
 

お絵かきに限らず、
子どもが何かを頑張ったら
ちゃんとほめてあげる。
 

これが子供の能力を伸ばすのに
最も重要な事なんですよ。
 

そのためにも普段から
子どものすることを
よく見ていてあげましょうね♪