【ご飯を食べない!】子どもが食事を残してしまうときの3つの対処法

nokosu

「子どもがご飯を残しちゃうの…」
 
とお悩みではありませんか?
 

・すぐに「お腹いっぱい…」と言う
・苦手なものは食が進まないみたい…
・無理に食べさせるのも辛いし…

 
子どもは食事の量が
それほど多くないときでも
「もう、いらない…」
言うことがありますよね。
 

わがままなのか、
本当にもう食べられないのか
判断するのは難しいです。
 

無理やり食べさせるわけには
いかないので、どうすればいいか
困っちゃいますよね。
 

そうそう。うちの子も
嫌いなものは食べなくて…。
 
なるほど、そうなんですね。
 
では今回は、子どもがご飯を残してしまう!
という問題について解説していきます。
 

子どもが食事を残す理由は?

子どもが食事を残してしまうのは
いったいなぜなんでしょうか?

・体調が悪い
・お腹がいっぱい

など、食べれなくても
仕方がないときもあります。
 

しかし実際は

・あまり好きではない
・味がちょっと苦手

という理由で残してしまう
ことも多いようです。
 

お母さんが、
食事を残すことを許している
という場合は、
とくにその傾向が強まります。
 

でも無理に食べさせる
わけにはいきませんから
困ってしまいますよね。
 

どうすれば改善できるの?

なるほど、そうなんですね。
でも何か良い方法ってあるんですか?
 
はい、ご安心ください。
 

それでは、今から
子どもが食事を残してしまう
ときの3つの対処法

をご紹介していきますね。
 

【すぐわかる!】子どもが食事を残してしまうときの3つの対処法

1.強く否定しない

たとえば、子どもが
食事をほとんど食べずに
「もう、いらない…」と言った場合。
 

「ダメよ!全部食べなさい!」
と強く否定するのは良くありません。
 

たしかに
子どもに甘くし過ぎると
嫌いなものはすぐに残す
という癖がついてしまいます。
 

でも厳しくし過ぎると
子どもは食事の時間を怖がる
ようになってしまいます。
 

本来、食事の時間は楽しいものです。
 

なるべく子どもに
嫌な思いをさせないようにしましょう。
 

そこで次のような方法を
試してみてください。
 

2.少しだけ食べさせる

ほとんど口をつけずに
残させるのはNGです。
 

では、どうするか?
 

残すはずだったものを
半分くらいお皿に残してください。
 

そして、
「半分だけなら残していいよ」
と伝えましょう。
 

「ダメ!」でなく「~いいよ」という
言い方がポイントです。
 

この言い方だと
子どもは自分の意見が認められた
ように感じます。
 

これなら
「半分なら頑張って食べるか!」
という風になりやすいのです。
 

コツは少しでも良いから食べさせること。
 

食べてみると「美味しい!」と
言うことも意外と多いんですよ。
 

3.食べられたら、ほめる

残すはずだったものを
半分でも食べられた場合は
「ちゃんと食べられたね♪」
とほめてあげましょう。
 

子どもは次からも
残さずに食べようと
頑張るようになりますよ♪
 

【まとめ】少しでも食べさせることが大事

まとめると、子どもが食事を残してしまう!
という問題については、

1.強く否定しない
2.少しだけ食べさせる
3.食べられたら、ほめる

この3点に気をつけて対処していきましょう。
 

無理に食べさせるのは禁物です。
 

それが原因で、子どもが
食事の時間を恐怖に思う
ようになってしまうからです。
 

元々、食の細い子どももいます。
 

あまり厳しくし過ぎず
じっくりと取り組んでいきましょうね♪
 

食べる量が少ない子どもは
栄養不足になりがちなので
栄養補助飲料を利用するのもおすすめです。
 
詳細はこちらから(公式ページ)