【妊娠前にするべきことは?】妊娠する前に必ず確認しておきたい6つのこと

ninshinmae

「妊娠前にしておくことって何かあるの?」
 
とお悩みではありませんか?
 

・食事は自由に食べて良いの?
・体の不調は治しておくべきだよね…
・何かしておいた方が良いことはある?

 
妊娠した後で、
「あのときこうしておけば良かった…」
と言いたくないですよね。
 

ですが、日々の忙しさに
つい後回しになってしまうことも…。
 

そんなとき

これはしておいた方が良い
これはしない方が良い

というのがわかっていると良いですよね。
 

そうですね。
妊娠前は何をしておくべきなんでしょうか?
 
はい、ご安心ください。
 
では今回は、妊娠前にしておくことって何?
という問題について解説していきます。
 

【すぐわかる!】妊娠前に必ず確認しておきたい6つのこと

1.高血圧、尿タンパク、糖尿病の検査

妊娠を予定している場合は、
健康診断などの際に
高血圧、尿タンパク、糖尿病
を必ずチェックしましょう。
 

とくに高齢出産の方で
妊娠後に糖尿病だと判明する
というケースは多いです。
 

重度の糖尿病の場合、
赤ちゃんの奇形率が上がります。
 

ですが、
血糖値をコントロールして
妊娠をすれば問題はありません。
 

必ずチェックするようにしてくださいね。
 

2.がんの検査

がん検診・婦人科検診も
受けるようにしましょう。
 

婦人科検診とは、
子宮など女性だけが持つ器官の
病気を発見するための検査です。

・乳がん
・子宮体がん
・子宮頸がん
・子宮筋腫
・卵巣嚢腫

などの早期発見にとても有効です。
 

費用は高くても3万円程度なので
必ず受けるようにしましょう。
 

妊娠後に「がん」が見つかり
赤ちゃんを諦める、

というケースもあるんですよ。
 

早期発見をしていれば
こうした悲しいケースを
防ぐことができます。
 

3.虫歯の治療

歯の治療も妊娠前に済ませておきましょう。
 

歯周病と早産のリスクには
関連性が指摘されています。
 

妊娠してから治療を始めても、
早産は予防できません。
 

軽い虫歯なら妊娠中も治療できます。
 

ただし麻酔を使うような治療は
止めたほうが良いとされています。
 

ですので、なるべく妊娠前に
歯の治療は済ませておいたほうが良いでしょう。
 

4.葉酸を1日400μg摂取する

妊娠を考え始めたら、
葉酸を意識的に摂るようにしましょう。
 

葉酸は赤ちゃんの
「神経管閉鎖不全」の防止
強い関係があります。
 

「神経管閉鎖不全」になると
唇に裂け目ができるなどのリスクがあります。
 

こうして先天的な病気の
発症リスクを減らすためにも
葉酸の摂取は重要です。
 

厚生労働省も
「妊娠可能なすべての女性は
葉酸を十分に摂るように」

としています。
 

この旨は母子手帳にも記載されています。
 

葉酸は
モロヘイヤ、からし菜、春菊
などの葉物野菜に多く含まれています。
 

推奨摂取量は1日に400μgほどが目安。
 

野菜で摂るには350g以上
食べる必要があります。
 

また、葉酸は熱に弱く、
ゆで汁に溶け出します。
 

ですので、
葉酸を効率的に摂るには、
蒸す調理法が良いでしょう。
 

加熱によって多少失われても、
水に溶け出すことがないからですね。
 

葉酸を摂り始める時期ですが、
「妊娠の2か月前」から摂ることが推奨されています。
 

妊娠に気づくのは、
だいたい3~4週目ですよね。
 

ですから妊娠に気づいてから
摂リ始めても遅いんです。
 

妊娠を望んでいる人は、
普段から妊娠3か月くらいまで
意識的に葉酸を摂りましょう。
 

サプリメントで摂るのもOKですよ。
 

厚生労働省も推奨の葉酸サプリはこちら
 

葉酸以外では、
つわりを軽くするために

・妊娠前はショウガエキス
・妊娠後はビタミンB6

を摂ると良いとされています。
 

5.飲酒を控える

妊娠を予定している場合
飲酒は控えるようにしましょう。
 

でも、ずっと我慢し続けるのは
つらいという方もいると思います。
 

その場合は、
月経から排卵日までの間
飲んでも構いません。
 

この期間の飲酒は
赤ちゃんに影響がありません。
 

ですが、それ以外のときは
我慢するようにしましょうね♪
 

6.予防接種を受ける

妊娠中に感染症にかかると、

・流産や早産になる
・赤ちゃんに障害が出る

などのリスクが増加します。
 

まず抗体検査を受けて
自分が受けるべき予防接種を
はっきりさせましょう。
 

インフルエンザも忘れずに
受けるようにしてください。
 

予防接種のワクチンには
生ワクチン不活性ワクチン
2種類があります。
 

生ワクチンの場合は
接種後1か月は
避妊する
ようにしましょう。
 

妊娠前の予防接種については
以下の記事も参照してください。
 

ninshinmae

【4ステップでわかる!】妊娠前の予防接種を受けるときの手順

2017年11月18日
 

【まとめ】健康状態を確認して、葉酸を摂ろう!

いかがでしたでしょうか?
 

妊娠がわかった瞬間から、
急に生活習慣を変えるのは大変ですよね。
 

妊娠する・しないに関わらず
健康的な生活習慣は重要です。
 

これを機会に
日頃の生活習慣を見直してみるのも
良いんじゃないでしょうか?