【赤ちゃんの予防接種】任意接種は受けた方が良い? 定期接種との違い

ninni-teiki

「任意の予防接種は受けた方が良いのかしら?」
 
と疑問に思うお母さんは多いそうです。
 

・そもそも任意接種って何?
・定期と任意ってなにが違うの?
・予防接種は受けないほうが良いっていう人がいるけど…

 
予防接種が「定期」と「任意」に分かれていることを
そもそも知らない方も多いですよね。
 

あと予防接種を受けた後の「副反応」の危険性ってどうなの?
と不安に思っている方もいらっしゃるかもしれません。
 

ふ~ん、そっか…。じゃあ、どうすれば良いんだろう?
 
はい、ご安心ください。
 
今回は「任意の予防接種は受けた方が良いの?」
「任意と定期の違いって?」
という疑問について解説しますね。
 

予防接種は受けたほうがいいの?

予防接種は必ず受けよう!

まずは予防接種は受けたほうがいいのか?
という問題について見ていきましょう。
 

結論としては、
予防接種は必ず受けましょう
ということになります。
 

今からその理由をご説明しますね。
 

過去の予防接種の徹底のおかげで今がある

現在、日本では重い感染症の
流行はなくなりました。
 

なので予防接種を受けない場合の
危険性がわかりにくいです。
 

またメディアも副反応だけに注目します
 

そのことから
予防接種は危険なものだと誤解
している人も多くいるようです。
 

しかしその考え方は間違っています。
予防接種というのはとても重要なものです。
 

なぜなら過去にたくさんの子供が
亡くなったり、重い後遺症を残した病気だから
予防のためのワクチンが開発されている
のです。
 

そして、そうした重い感染症が
現在、流行していないのは
予防接種を過去に徹底してきたから
なのです。
 

予防接種をした方が良い理由:ポリオの事例

例えばポリオを例に
予防接種をした方が良い理由を
見ていきましょう。
 

今の日本では
ポリオにかかっている人は少ないです。
 

しかし日本との往来が多い
他の国では、まだまだ流行することもあります
 

なので日本でも、また流行しないと
断言することはできません。
 

そのとき、もし予防接種を受けなかったら
感染して重症化する危険性もあります。
 

そうした理由からも
予防接種は必ず受けたほうがいいのです。
 

推奨された月齢・年齢で
かならず受けることをお勧めします
 

任意接種と定期接種のちがい

日本では法律で、予防接種の方法が
「定期」と「任意」に分けられています。
 

しかし、この分類は
医学的な根拠に基づくものではありません。

 

ですので、任意だからと言って
予防接種としての重要度が低い
という訳ではありません。

 

日本の予算の関係から、
任意接種となっているだけなのです。
 

世界の医学の常識で見れば
必ず接種した方が良いワクチンなんですよ。
 

現在、厚生労働省では
任意接種について見直しをしています。
 

現在、任意接種とされている
ワクチンの大部分が定期接種になる方針のようです。
 

【まとめ】予防接種は必ず受けた方が良い

まとめると予防接種は受けた方が良いのか?
という問題については

決められた月齢・年齢で
必ず受けるようにしましょう。

ということになります。
 

任意接種と定期接種の分類については
あくまで日本の法律上の都合です。
 

ワクチンとしての重要性の違いではありません。
 

ですので定期接種だけではなく
任意接種も必ず受けるようにしましょう。
 

現在、世界はグローバル化が進んでいます。
国境を越えた人の行き来も
以前より格段に増えています。
 

感染症についても、
国境を越えて流行する可能性も高まっているのです。
 

そうしたリスクを考えると
予防接種は必ず受けた方が良いでしょう。
 

愛する我が子のためにも
必ず感染症対策をしてあげてくださいね♪