【寝てくれない!】赤ちゃんを上手に寝かしつける3つの方法

nenai

「困ったな…。赤ちゃんがなかなか寝てくれない…」
 
このようにお悩みの方は多いですよね。
 

・今日はなかなか寝てくれないな
・最近ちょっと寝不足で…
・どうしたら寝てくれるんだろう

 
赤ちゃんの寝かしつけが、うまくいかないと
ご両親は寝不足で疲れてしまいます。
 

そうなんです。いつも眠くて辛いんですよ…。
 
大丈夫!ご安心ください。
 
今回は、なかなか寝てくれない赤ちゃんを寝かしつける3つの方法
についてご説明しますね。
 

赤ちゃんを寝かしつけるために

ご両親としては
赤ちゃんを21時頃には寝かせたい
と思うのではないでしょうか。
 

お母さんお父さんの健康のためにも
規則正しい生活リズムを作ることは重要です。
 

「なかなか赤ちゃんが寝てくれない…。」
というときは、以下の3つの方法を
試してみてください。
 

1.良い寝具を選ぶ

子供が眠りやすい環境を作るために
まず改善したいのが寝具です。

・掛け布団が軽い
・掛け布団、敷布団ともに通気性が良い

この2つの条件がそろうと
赤ちゃんは寝つきやすいとされています。
 

2.いつも同じ時間に部屋を暗くする

研究によると3ヶ月の乳児は
部屋が明るいと、眠るまでに
時間がかかってしまうそうです。
 

つまり部屋を暗くすると
赤ちゃんは寝つきやすいんですね。

 

その性質を利用して、
いつも同じ時間に部屋を暗くする
ことを試してみましょう。
 

赤ちゃんの眠る時間に
一定のリズムをつけることができますよ。
 

3.エアコンで部屋を快適な温度・湿度に保つ

寝室の温度・湿度が
高すぎたり低すぎたりすると
赤ちゃんはなかなか寝付けません
 

これは大人でも同じですよね。
 

エアコンは惜しみなく使用して、
常に快適な温度と湿度を
保つようにしましょう。
 

【まとめ】寝具、消灯時間、エアコンがポイント!

まとめると、なかなか寝ない赤ちゃんを寝かしつけるためには

1.掛け布団を軽くし、掛け布団・敷布団の通気性を良くする
2.いつも同じ時間に部屋を暗くする
3.エアコンで部屋の温度と湿度を一定に保つ

この3点を意識するようにしましょう。
 

キチンとこの条件を守ることで
赤ちゃんの寝つきは、グッと良くなるはずですよ。
 

お母さんお父さんが寝不足にならないためにも
これらのことを実践して、
長い育児期間を元気に乗り切ってくださいね♪