【子どものしつけ】子どもが脱いだ靴をそろえない!原因と3つの対処法

kutsu-soroenai

「子どもが玄関で脱いだ靴をそろえないの…」
 
とお悩みではありませんか?
 

・よその家にお邪魔したとき恥ずかしい…
・いつもバラバラ脱いでしまう…
・お友だちはキチンとできるのに…

 
子どもの脱いだ靴が
玄関にバラバラに
散らばってるのを見て
思わず「もうっ」とため息が出る…。
 

ひっくり返ってるのなんて
もはや当たり前…。
 

男の子の親御さんだと
こんな経験は多いんじゃないでしょうか?
 

さすがにもう少し
ちゃんとして欲しい
と思いますよね。
 

そうなんです。
でも言っても直らないんですよ…。
 
そうなんですよね♪
 
でも、ちょっと伝え方の
工夫をすると改善することも多いんですよ。
 

今回は、子どもが脱いだ靴をそろえない!
ときの対処法を紹介していきます。
 

なぜ、子どもは脱いだ靴をそろえないの?

大人になれば
靴をそろえて脱ぐのは
当たり前ですよね。
 

ちゃんとそろえた方が
履くときも楽ですし、
見た目にもキレイですから。
 

ところが、
子どもは違うんです!
 

子どもの頭の中は
常に今のことだけ。
 

次に履くときのことなんて
考えてないんです。
 

また、靴がひっくり返っていても
あまり気になりません。
 

つまり子どもが
脱いだ靴をそろえないのは
とくに不都合を感じていないから
ということになりますね。

どうすれば直りますか?

そうなんですね。
では、どうやって教えたらいいんでしょうか?
 
はい、おまかせください♪
 

ここからは、
子どもが脱いだ靴をそろえない!
という問題への3つの対処法をご紹介します。
 

【すぐわかる!】子どもが脱いだ靴をそろえないときの3つの対処法

1.靴を脱いだ後に叱っても効果はない

子どもが玄関で靴を
ポーンと放り出すのを見て
「ダメよ!ちゃんとそろえなさい!」
と叱ってもあまり効果はありません。
 

その時、子どもの心の中は
すでに遊ぶことでいっぱい!
 

脱いだ靴のことなんて
考えていません。
 

なんか玄関でお母さんが怒ってるな…
くらいにしか思ってないんです。
 

2.靴を脱ぐ直前に言う

一番良いのは靴を脱ぐ前に、
「ちゃんとそろえようね♪」
と伝えることです。
 

子どもは靴を脱ぐ前なら
意外とすんなり言うことを聞いてくれますよ♪
 

これを何度かくり返せば
靴は脱いだ後、そろえた方が良いんだな
ということを子どもは理解します。
 

そして、だんだんと
靴をそろえるのが
習慣になっていくんです。
 

3.できたらほめてあげる

子どもがちゃんと
靴をそろえられたら
「ちゃんとできて偉いね♪」
とほめてあげましょう。
 

うれしくなって
次からも靴をそろえよう!
と思ってくれるはずですよ。
 

【まとめ】靴を脱ぐ直前に言おう!

まとめると、
子どもが脱いだ靴をそろえない!
という問題については、

1.靴を脱いだ後に叱っても効果はない
2.靴を脱ぐ直前に言う
3.できたらほめてあげる

ということを心がけると良いでしょう。
 

うまくできるまで
少し時間がかかるかもしれません。
 

でも焦らずに、
じっくりと取り組んでいきましょうね♪