【子どもが牛乳を飲まない!】乳製品が苦手だとカルシウム不足で身長が伸びない?5つの対処法

milk

「うちの子は乳製品が苦手で…」
 
とお悩みでしょうか?
 

・子どもが牛乳を飲めない…
・牛乳を飲むとお腹を壊すみたい…
・牛乳の代わりになるものはあるの?
・身長がちゃんと伸びるか心配…

 
成長期の子どもに
カルシウムは欠かせないですよね。
 

カルシウムは体を作るために
とっても大事な栄養素です。
 

とくに乳製品は、
消化吸収がしやすいので、
カルシウムの補給に適しています。
 

ですが、中には
牛乳やヨーグルトが苦手なお子さんもいますよね?
 

そうなんです…。
うちの子は乳製品が苦手で…。
 

そこで今回は、
子どもが乳製品が苦手なときは
どうすればいいの?

という問題についてまとめてみました。
 


 

カルシウムは成長期の子どもに特に重要!

成長期の子どもが
必ず摂りたい栄養素の代表はカルシウム。
 

ですが日本人は
諸外国と比べて乳製品の摂取量が少ないのです。
 

すなわちカルシウム不足は、
日本人全体の問題とも言えます。
 

それに加えて
乳製品が苦手な子どもは、
なおさらカルシウム不足になりがち。
 

カルシウムは、
身体を作るために必須の栄養素です。
 

子どもの身長を伸ばすのにも
大きな役割を果たします。
 

そうなんですね。
でも、どうすれば良いんだろう…。
 
そこでここからは、
乳製品が苦手な子どもが
カルシウムを摂るための5つのポイント
をご紹介します。
 


 

【すぐわかる!】乳製品が苦手な子どものカルシウム補給!5つのポイント

1.小魚を食べる

小魚はとってもカルシウムが豊富です。
 

さらにタンパク質やミネラルなども
沢山含んでいます。
 

乳製品が苦手な子どもは
小魚を意識的に摂るのが良いでしょう。
 

たとえば、
・しらす
・ちりめんじゃこ
・煮干し
・めざし

などですね。
 

小魚ではありませんが、
桜えびなどもオススメ!
 

ただし干した魚は、
・油が酸化している
・塩分が多い

などの問題もあるので、
食べ過ぎには注意してください。
 

2.野菜を食べる

意外かもしれませんが、
野菜もカルシウムを多く含んでいます。
 

小松菜、チンゲン菜などの
葉を食べる野菜(葉野菜)が、
とくにカルシウムが豊富です。
 

その他には、
切干大根などの干した野菜も良いでしょう。
 

3.海藻を食べる

海藻もカルシウムを多く含む
優秀な食品です。
 
・ワカメ
・コンブ
・ひじき

 
などお茶の間の定番ですね。
 

この中でもワカメは、
体内の有害物質を排出する
という作用を持っています。
 

お味噌汁などに入れて、
食べるのがオススメですよ♪
 

4.大豆製品を食べる

これも意外かもしれませんね。
 
・お豆腐
・油揚げ
・納豆

 
などの大豆製品は、カルシウムを多く含んでいます。
 

大豆は栄養が豊富なため、
「畑の肉」と言われる程なんですよ。
 

たんぱく質も多く含まれているので、
成長期の子どもには打ってつけの食材です。
 

5.栄養補助飲料を飲む

乳製品だけでなく、
他の食品も苦手な子どももいますよね。
 

好き嫌いが多い、
いわゆる「偏食」の子どもですね。
 

偏食は一朝一夕では、
治るものではありません。
 

また無理に食べさせると、
食べること自体を嫌いになる
という最悪の展開になることも…。
 

また、食べ物に神経質な子どもは
食が細い傾向があります。
 

「偏食」なうえに「食が細い」
必要な栄養がきちんと摂れていない可能性もあります。
 

そうした子どもには、
栄養補助飲料を検討してみましょう。
 

特にオススメなのは「アスミール」です。
 

1日1杯飲むだけで、
1日に必要な栄養の約8割を摂取でき、
 

さらに、子どもの成長ホルモン
出やすくする成分も配合しています。
 

アスミールの詳細はこちら(公式ページ)
 

牛乳が苦手なお子さんでも
飲みやすく作られているのがポイント。
 

こうした栄養補助飲料を
うまく利用するのも良いと思いますよ♪
 

【まとめ】他の食品からカルシウムを摂ろう

カルシウムは成長期に必須の栄養素です。
 

不足しがちなので、
ぜひとも意識的に摂るようにしてくださいね。
 

ただし、カルシウムだけ摂れば
良いわけではありません。
 

その他に、
・タンパク質
・ビタミンD
・ミネラル

などもバランスよく摂るようにしましょうね♪