【言うことを聞かない!】子どもが反抗するときの3つの対処法

iu-koto-wo-kikanai

「子どもが全然、言うことを聞かないの…」
 
とお悩みではありませんか?
 

・〇〇しなさい、
 と言っても聞かないの…
・すぐに嫌そうな顔をする…
・泣きわめいて反発してくる…

 
子どもに何かさせるのって
本当に苦労しますよね。
 

言うことを聞かないと、
ついイライラして叱ってしまうことも…。
 

それで「また言ってしまった…」
と自己嫌悪してしまう
親御さんもいるようです。
 

でも何も言わないわけには
いかないので困ってしまいますよね。
 

そうなんですよ…。何か良い方法はありますか?
 
はい、ご安心ください。
 
今回は、子どもが言うことを聞かない!
ときの対処法を紹介していきます。
 

なぜ、子どもは言うことを聞かないの?

だいたいの場合、
大人の言うことは
子どもにとって都合が悪いことです。
 

例えば…
 
まだ遊びたいのに
「早く片付けしなさい」
 

まだテレビを観たいのに
「もう消しなさい!」
 
などなど…。
 

自分に利益のないことを
すすんですることはないですよね。
 

だから子どもは
親の言うことを聞かないんです。
 

では、どうすれば良いの?

なるほど…。
でも言うことは聞いてもらわないと困るなぁ…。
 
もちろん、そうですよね♪
 

でもこの問題は、
ちょっと工夫をすれば、
解決できることも多いんですよ。
 

ここからは、
子どもが言うことを聞かない!
ときの対処法を3つご紹介しますね。
 

【すぐわかる!】子どもが言うことを聞かないときの3つの対処法

1.良いことがある、という期待を持たせる

たとえば、
公園に遊びに行くので
おもちゃの片付けをしてもらいたい
というときに…
 

「早く片付けないと、公園に行かないよ!」
 
ではなく
 
「ちゃんと片付けられたら
公園に遊びに行こうね♪」

 
という伝え方をしてみましょう。
 

内容的には
同じことを言っているだけですよね。
 

でも後者の伝え方は
「言うことを聞いてくれたら、
あとで良いことがあるよ」

というニュアンスが含まれています。
 

こうした少しの工夫で
子どもの反応はビックリするほど変わるものです。
 

なるべくポジティブな
伝え方をしたほうが良いんですね♪
 

2.罰を与えるような言い方をしない

子どもが言うことを
聞かないからと言って

「早く片付けないと、
もうおもちゃを買ってあげないよ!」

というような
罰を与えるような言い方
しないようにしましょう。
 

しぶしぶ子どもは
従うかもしれません。
 

しかし、このような言い方では
子どもは反発心を持ってしまいます。
 

子どもの心の中は

「無理やりやらすなんてヒドイ…」
「なんて意地悪なんだろう…」

というネガティブな感情で
いっぱいでしょう。
 

だんだんと親に対して
心を閉ざしてしまうかもしれません。
 

3.キチンとできたらほめてあげる

子どもがちゃんと
言うことを聞いてくれたら
「ちゃんとできたね♪」
とほめてあげましょう。
 

子どもはうれしくなって
次からも言うことを聞こう!
と思ってくれますよ。
 

【まとめ】言うことを聞いたら良いことがある、と期待させよう!

まとめると、子どもが言うことを聞かない!
という問題については、

1.良いことがある、という期待を持たせる
2.罰を与えるような言い方をしない
3.キチンとできたらほめてあげる

ということを心がけると良いでしょう。
 

なんで言うことを聞かないの!
とイライラしてしまうかもしれません。
 

でも子どもの方も、
無理やりやらされるのは嫌なんです。
 

ちょっと伝え方を工夫するだけで
気持ちよく言うことを聞いてくれるものです。
 

このあたりは
大人も同じかもしれませんね。
 

あまりイライラせずに
根気強く伝えていきましょうね♪