【赤ちゃんの発熱】何度くらいから病院へ連れて行くべき?高熱の基準は?

hatsunetsu

「赤ちゃんがよく熱を出すけど
何度くらいから病院に行くべきかしら…」

 
とお悩みではありませんか?
 

・37度くらいだと高熱に入るの?
・何度をこえたら病院に行く
 というような基準はあるの?

 
赤ちゃんはよく熱を出しますよね。
 

でも親御さんも忙しいので、
熱を出すたび、病院には行けません。
 

「どうしたら良いんだろう?」
とお悩みの方も多いみたいですね。

そうそう…。何か良い方法ってないんですかね?
 
はい、ご安心ください。
 
今回は、「体温が何度をこえたら病院に行くべきか?」
という問題についてご説明します。
 

不安になりがちなお母さんは
ぜひ参考にしてみてくださいね♪
 

赤ちゃんの高熱の基準は?

37.5度以上の熱を出したとき

赤ちゃんの場合は
37.5度以上というのが
発熱に対するひとつの基準となります。
 

とくに生後6か月までは
体温が37.5度を超えたら「病院に行く」
という認識で良いでしょう。
 

赤ちゃんにとっての発熱は
思っている以上に危険な症状です。
 

他のもっと深刻な症状に
発展する可能性もあります。
 

赤ちゃんの発熱は危険!
という気持ちを常に持っておいてくださいね。
 

赤ちゃんの様子が何か違う気がする…

37.5度までは上がってないけど
「あれ、何か変だな?」
と感じたら迷わず病院へ連れて行きましょう。
 

毎日、お子さんの側にいる
親御さんの直感はとても鋭いものです。
 

勘というのは本当に大事なんですよ。
 

体温計の温度だけで
判断するのではなく、
赤ちゃんの様子を見て
柔軟に対応するようにしましょう。
 

その他に病院に行くべき症状ってあるの?

発熱以外で危険な症状は
母乳やミルクをいつもの半分しか飲まない
というときです。
 

乳幼児にとっては
母乳・ミルクだけが栄養源です。
 

発熱がなくても、
哺乳量が半分に減ったら危険信号!
 

なるべく早い段階で
病院へ連れて行くようにしてください。
 

【まとめ】37.5度以上は病院へ!

私たち大人の場合は
37.5度くらいの熱だと
「ちょっと熱があるな…」というくらいで
あまり重病と扱いませんよね。
 

ところが、
赤ちゃんにとっての発熱は
思っている以上に危険なんです。
 

高熱を出したときは
「まぁ、これくらいなら大丈夫か…」
と見過ごさないようにしましょう。
 

発熱に関しては、
少し敏感過ぎるくらいで
ちょうど良いと思いますよ。