【赤ちゃんの鼻が鳴るのが心配】おっぱいを飲むとき、息が苦しそう!どうすれば良いの?

hana-ga-naru

「赤ちゃんがおっぱいを飲むとき、鼻からすごい音がするんだけど…」

・なんで鼻が鳴るの?
・鼻が詰まってるのかな?
・呼吸困難にならないか心配…

このようにお悩みの方は、本当に多いようです。

そこで今回は、
「赤ちゃんの鼻が鳴るのが心配!」なときの原因と対処法をご紹介します。

【すぐわかる!】赤ちゃんの鼻が鳴る原因と対処法

原因は「鼻の粘膜のむくみ」

赤ちゃんがおっぱいを飲んでいるとき、鼻からすごい音がすることがありますよね。

この症状の原因は、赤ちゃんの「鼻の粘膜のむくみ」によるものなんです。

鼻の粘膜がむくむと、鼻の通りが悪くなります。

その状態で、鼻呼吸をするので「ゴーッ、ゴーッ」と大きな音が鳴ってしまうんです。

赤ちゃんは鼻呼吸しかしない

「鼻がむくむなら、口で息をすれば良いのに…」と思われたかもしれません。

ですが、生後間もない赤ちゃんは鼻呼吸しか出来ないんです。

口呼吸をするのは、少し成長してからなんですね。

鼻が詰まっているわけではない

「鼻が詰まってるの?息ができてないのでは?」と心配になるかもしれません。

ですがこれは詰まっているわけではありません。

ただ、粘膜がむくんでるため、鼻の通りが悪いだけです。

少し苦しそうですが、息はできているので安心してください。

生後3ヶ月を過ぎると、口でも呼吸できるようになります。

そうなると、鼻もあまり鳴らなくなりますよ♪

苦しそうなときは「おっぱいから離す」

おっぱいを飲んでるとき、どうしても苦しそうなら、一旦、赤ちゃんをおっぱいから離してあげてください。

そして、しばらく時間を置いて、赤ちゃんの呼吸を整えてあげましょう。

その後、ふたたびおっぱいを飲ませるようにすれば、大丈夫ですよ♪

【まとめ】あまり心配はいりません。成長とともに治まります

まとめると、
おっぱいを飲むとき、赤ちゃんの鼻が鳴るのは「鼻の粘膜のむくみ」が原因。

生後間もない赤ちゃんは「鼻の粘膜」がむくんでいるんです。

鼻がむくんでいる状態で、鼻呼吸をするので、音が鳴ってしまうんですね。

ですが、成長とともに、むくみも治まり、口呼吸ができるようになります。

そうすれば、音も鳴らなくなります。

あまり心配しすぎないでも大丈夫ですよ♪