【赤ちゃんの湿疹が心配!】肌が赤い!アトピー・アレルギー対策は?

kayui

「赤ちゃんの肌の湿疹が気になるんだけど…」
 
というお悩みではありませんか?
 

・顔に赤いブツブツができちゃって…
・Tゾーンに黄色いかさぶたが…
・これってアトピーじゃないかしら?

 
赤ちゃんが痒そうにしてると
何とかしてあげたい、と思いますよね。
 

ただ、そうは言っても

・かさぶたは取っていいのかな?
・自己判断でやると悪化しちゃうかも…

と不安になることもあるでしょう。
 

そうなんですよ…。何か良い方法ってあるんですか?
 
はい、ご安心ください。
 
今回は、赤ちゃんの肌の湿疹が気になる場合の原因と対処法
についてご説明しますね。
 

湿疹の種類について

赤ちゃんの肌のトラブルを総称して
乳児湿疹と呼びます。
 

ブツブツ、ベタベタ、ジクジクなど
いろいろな状態のものが含まれます。
 

まずは乳児湿疹の種類について見ていきましょう。
 

たくさんありますが、主なところで

・新生児座瘡(しんせいじざそう)
・脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)
・乳児アトピー性皮膚炎

などがあります。
 

ここからは上に挙げた3つの症状について
さらに詳しく見ていきましょう。
 

新生児座瘡とは

新生児座瘡は、
出生から生後2か月頃までにできる湿疹です。
 

主に頬、おでこ、鼻、アゴなどに赤いブツブツができます。
 

対処法としては、
石けんでよく洗い、お風呂あがりによく保湿をしましょう
 

脂漏性湿疹とは

脂漏性湿疹は、
生後数週間から数か月のときにできる湿疹です。
 

主に頭、眉の付近、鼻、耳の周り、体にできます。
 

症状としては、
肌が赤くなり、
黄色く力サ力サしたかさぶたができます。

 

このかさぶたを取っていいのか、
悩むお母さんが多いようです。
 

何もしないと、
かさぶたが大きくなり
ウロコのようになってしまいます。
 

ですので、このようにしてください。

1.お風呂に入る前に患部に
  ローションやベビーオイルを塗る。
2.ふやけたところを石けんで洗う。
3.一度では取れないが、だんだんキレイになっていく。

 
何もしないのではなく、
むしろよく洗ってあげてくださいね♪
 

乳児アトピー性皮膚炎とは

親として一番気になるのが、
この乳児アトピー性皮膚炎だと思います。
 

生後2~3か月頃から、
顔から耳の前にかけて赤い湿疹
ができます。
 

この湿疹はジクジクしていることもあります。
 

強いかゆみもあるので、
手で掻いてしまい、傷がつきがちです。
 
 

また最初は一部だけだったのが、
だんだんと体全体に広がることもあります。
 

乳児アトピー性皮膚炎が
疑われるときは
お医者さんに相談するのが良いでしょう。
 

実際の治療としては、

・原因物質がわかれば除去する
・保湿をする
・ステロイド外用薬を塗る

などがあります。
 

悪化の原因としては、
2歳未満ではこのようなものが多いようです。

・食物(卵、牛乳、小麦など)
・汗
・乾燥
・手でかくこと
・ダ二
・ほこり
・ペット

 
アレルギー物質は、食べた場合より、
肌に触れた場合のほうが危険だと言われています。
 

食べていなくても
触っただけでアレルギー反応が出る
ということですね。
 

なので、
口のまわりや手に食べものがついたときは、
よく洗ってくださいね。
 

乳児のアトピー性皮膚炎は、
2歳ごろまでに良くなることも多いようです。
 

また知っておいてほしいのは、
赤ちゃんのアトピーは
お母さんのせいでなった
わけではありません。
 

たまに自分を責めてしまう方がいますが
その必要はありませんよ♪
 

【まとめ】湿疹のタイプを見分けて対処しよう

まとめると、赤ちゃんの肌の湿疹が気になるとき
どうすればいいのか?
という問題については、

・新生児座瘡(しんせいじざそう)
・脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)
・乳児アトピー性皮膚炎

など湿疹のタイプに応じて、
適した対処をするようにしましょう。
 

赤ちゃんの肌はとても敏感です。
ケア用品もなるべく気を遣いましょう。
 

できるなら無添加で、
刺激の少ないものを使って下さい。
 

赤ちゃんの肌対策のために開発された
ドルチボーレというシリーズの
ソープやローションは特におすすめ。
 

敏感肌、乾燥肌など肌トラブル全般に有効です。
 

もちろん赤ちゃん以外の
ご家族も使用して問題ありません。
 

赤ちゃんのお肌でお悩みの方は
検討してみてはいかがでしょうか。
 

無添加ソープの詳細はこちら(公式サイト)
 
無添加ローションの詳細はこちら(公式サイト)

 
こういったケアグッズを
上手に利用しながら、
大切な赤ちゃんの肌を守ってあげましょうね♪