【肌がかさかさ!】赤ちゃんの乾燥肌トラブル!3つのかさつき解消法

hoshitsu

「赤ちゃんの肌がかさついて困るわ…」
 
このように悩んでいるお母さんは多いんじゃないでしょうか?
 

・肌が乾燥しているから掻いちゃうみたい…
・カサカサしてて赤くなってるけど大丈夫かな…
・ちゃんとケアをしているつもりなんだけど…

 
お母さんとしては、ちゃんとお風呂にも入れてるし
ケアをしているつもり。
 

なのに赤ちゃんの肌はカサカサ…。
「どうしてかしら…?」と悩んじゃいますよね。
 

でもちょっと待ってください。
 

もしかしたら
お母さんが良かれと思って、
赤ちゃんにしてあげていることが
肌のかさつきの原因かもしれませんよ。
 

えっ! 本当ですか?
 

はい、その可能性はあります。
でも心配いりませんよ。
 

今回は赤ちゃんの肌がかさつくときの3つの対処法
についてご説明しますね。
 


 

赤ちゃんの肌のかさつきの原因

実は赤ちゃんの肌のかさつきは、
洗いすぎが原因のことが多いんです。
 

なぜ洗いすぎになってしまうのか?
 

本来、肌を洗うということは
肌の表面についた垢をとることです。
 

垢はそれ程強くこすらなくても
落ちていきます。
 

しかし私達は、お風呂で
肌を強くこすらないと汚れが落ちない
と勘違いしています。
 

あまり強くこすると、
垢だけでなく肌の表皮までが
剥がれてしまいます。
 

表皮が剥がれると、
肌の水分が蒸発して乾燥してしまうのです。
 

これが多くの場合、
赤ちゃんの肌のかさつきの原因です。
 

それでは、どうすれば
洗いすぎずにならないのでしょうか?
 

ここからは、
赤ちゃんの肌のかさつき3つの解消法
をご紹介します。
 

赤ちゃんの肌がかさつくときの3つの対処法

1.石けんは2~3日おきに使う

市販の石けんは洗浄力がとても強いです。
 

使いすぎれば、
肌に必要な皮脂や常在菌
も一緒に落としてしまいます。
 

石けんを使うのは
毎日ではなく2~3日おき程度
で良いでしょう。
 

赤ちゃんの肌はとても敏感です。
使用する石けんもなるべく気を遣いましょう。
 

できるなら無添加で、
刺激の少ないものを使って下さい。
 

赤ちゃんの肌対策のために開発された
ドルチボーレというシリーズの
石けんは特におすすめです。
 

乾燥肌だけでなく
敏感肌など肌トラブル全般に有効です。
 

もちろん赤ちゃん以外の
ご家族も使用して問題ありません。
 

無添加ソープの詳細はこちら(公式サイト)
 

このような刺激の弱い石けんを
2~3日おきに使うくらいでちょうど良いんですよ。
 

2.必要以上にお風呂に入れない

汗をかいた時に、
きれいにしてあげるのは良いことです。
 

ただし、それが行き過ぎるのは問題です。
 

汗をかくたびに、
しっかりとお風呂で洗うのは
少し洗いすぎかもしれません。
 

お風呂は毎日決めた時間に、
決めた回数入れてあげる。
 

汗をかいたときは、
清潔な布で拭いてあげる、
くらいでも良いんですよ♪
 

お風呂あがりに保湿をする

お風呂あがりにローションなどを使って
保湿をしてあげましょう。
 

しっかりとローションで保湿をすると
肌が空気に触れて乾燥するのを防ぐことができます。
 

ローションについても
石けんと同じように無添加のものをおすすめします。
 

こちらのローションは
無添加で刺激も少なくおすすめです。
 

無添加ローションの詳細はこちら(公式サイト)

 

こういったケアアイテムを上手に活用し
赤ちゃんの肌を守ってあげましょう♪
 

【まとめ】肌のかさつきは洗いすぎが原因

まとめると、赤ちゃんの肌のかさつきが気になるときどうすればいいのか?
という問題については、
 
肌の洗いすぎが原因のことが多いので、
 

・石けんは2~3日おきに使う
・必要以上にお風呂に入れない
・お風呂あがりに保湿をする

 
上の3つの対処法を参考にすると良いでしょう。
 

一般的に、日本は
清潔志向が行き過ぎている
きらいがあります。
 

赤ちゃんに限らず、
大人の肌も洗いすぎは禁物なんですよ♪
 

そして赤ちゃんの肌は、
大人よりもさらに繊細です。
 

洗いすぎないことが、
肌にとっては良いことなんですね。
 

また肌に優しい石けんを使うのも
大事な事なんですよ。
 

しっかり肌のケアをして、
赤ちゃんもお母さんも毎日快適に
過ごしてくださいね♪