【朝、グズグズする!】子どもが朝すっきり起きない!3つの対処法

guzuguzu

「朝、子どもがグズグズするのが大変…」
 
とお悩みではありませんか?
 

・寝起きのグズグズがひどい…
・つい「早く!」と怒ってしまう…
・どうしてこんなにモタモタするの?

 
子どもは朝起きると、
グズグズして着替えもしない
ということが多いですよね。
 

親御さんは忙しいので
ついイライラして
声を荒げてしまうことも
あるかもしれません。
 

そうなんですよね。
つい叱っちゃうんです…。
 
そうなんですね。でも、ご安心ください♪
 
今回は、子どもが朝、グズグズする!
という問題について解説していきます。
 

なぜ、子どもは朝グズグズするの?

朝のスピードに慣れていない!

大人は朝、仕事に行くため
顔を洗ったり、食事をしたり
などを通常の倍ぐらいの
スピード
でこなしています。
 

例えば、
昼だったら10分かかることも
朝なら5分でやっている
というイメージですね。
 

なんとなくわかりますよね?
 

大人にとっては、
これは当たり前のこと。
 

ですが子どもは
朝はスピードが早い
ということを理解していません。
 

だから当然
そのスピードについていけません。
 

実は、子どもが
グズグズしているのではなく
大人のスピードがいつもより早い
というのが真実なんです
 

それに加えて、
寝起きの子どもは
ボケっとしがちです。
 

これは子どもの
睡眠の質があまり良くない
ことが考えられます。
 

こうした理由から
子どもは朝グズグズしているんですね。

なるほど、そうなんだ…。
でも、グズグズを少しでも改善する方法ってないんですか?
 
はい、ご安心ください♪
 

それでは、ここから
子どもが朝、グズグズするときの
3つの対処法
をご紹介しますね。
 

【すぐわかる!】子どもが朝、グズグズするときの3つの対処法

1.強く叱らない

子どもがグズグズするせいで
用事に遅れるのは問題ですよね。
 

だからといって、

「早くして!」
「グズグズしないの!」

と強く叱りつけるのはNG。
 

このような命令口調だと、
言われた方にはストレスがたまります。
 

とくに言われたことに反論できない
子どもの場合はなおさらです。
 

ですので、
こういうときは次のような方法を
試してみてくださいね。
 

2.あえて失敗を経験をさせる

子どもは実際に
痛い目をみないと理解しない
というところもがあります。
 

あまりにも
グズグズがひどい場合は
あえて失敗を経験させる
ことも時には有効です。
 

たとえば、
楽しみにしていた映画を観に行く場合。
 

映画館まではバスで行くとしましょう。
 

目の前で乗るはずのバスが
通り過ぎるのを見せることで
 
「遅くなっちゃったから、
バスに乗れなかったね。」

 
というようなイメージです。
 

子どもは楽しみにしていた映画が
観られなくなって辛いので
「次からはちゃんとしよう!」
と思うはずです。
 

その後、グズグズが改善したら
「今日はテキパキしてえらいね♪」
とほめてあげましょう。
 

子どもはほめられることで
自信をつけていきます。
 

だんだんとグズグズも
治っていきますよ♪
 

3.光目覚まし時計を使用する

子どもが朝グズグズするのは
寝起きが悪いのも原因のひとつです。
 

寝起きを良くするには、
朝、起きたら太陽光を浴びる
ことが重要です。
 

太陽の光が目から入ることで
脳の目覚めスイッチが入るんですね。
 

ですが、窓から光が入ってきても

・眩しい!と手で光を遮ってしまう
・顔を窓と反対側に向けてしまう

と目覚めスイッチがきちんと入りません。
 

このような問題を解決するには
光目覚まし時計を使用するのがおすすめです。
 

この光目覚まし時計は、
太陽光と同じ効果のある光を
無理なく確実に脳に届ける

ことができます。
 

起床時間の30分程前から、
少しずつ光を強くしていくので
眩しさを感じずに済むんですね。
 

こちらは光目覚ましを
実際に使用している動画になります。
 


 
赤ちゃんから大人まで幅広く、その効果が実証されているんですよ。
 

光目覚し時計inti(インティ)の詳細

 

【まとめ】あえて失敗を経験をさせる方法もある

まとめると、子どもが朝、グズグズする!
という問題については、
 
子どもは朝のスピードに慣れていない
 
ということを踏まえて

1.強く叱らない
2.あえて失敗を経験をさせる
3.光目覚まし時計を使用する

この3点に気をつけて対処していきましょう。
 

できれば失敗を経験させずに
わかってもらえれば良いですよね。
 

光目覚まし時計など便利なものもたくさんあります。
 

そうしたものを
有効に活用するのも良いでしょう。
 

もちろんすぐには
改善できないかもしれません。
 

あまり焦らず、ゆっくり見守ってあげましょう♪