【赤ちゃんのゲップ】上手く出させるための3つの方法

gettpu

「赤ちゃんのゲップがなかなかうまく出せない…」
 
という風にお悩みではありませんか?
 

・赤ちゃんがゲップが出なくて苦しそう…
・背中をトントンすると良いらしいけど上手くいかない…
・背中をさすってあげても出ないな~…

 
背中をトントンすると良いというのはよく言われますね。
でも上手くできない方も多いのかもしれません。
 

赤ちゃんがゲップが出ないで苦しそうにしてると
なんとかしてあげたいと思いますよね。
 

そうなんです。何か良い方法はありますか?
 
はい、ご安心ください。
 
今回は、赤ちゃんのゲップがなかなかうまく出せないという
問題について書いていこうと思います。
 

赤ちゃんにゲップをさせる理由

まず赤ちゃんにゲップをさせる理由はご存知でしょうか?
 

赤ちゃんは空腹になると
泣くことで「おなか空いたよ~!」
とお母さんに知らせますよね。
 

実はこのとき、
赤ちゃんは泣きながら
空気をたくさん飲み込んでしまう
んです。
 

それ以外にも
母乳やミルクを飲んでいるとき
赤ちゃんは空気を飲んでしまいます。
 

この飲み込んだ空気をゲップで出してあげる
必要があるんですね。
 

ゲップをさせるタイミング

基本的には授乳の後はゲップをさせた方がよいでしょう。
 

授乳中に赤ちゃんが眠ってしまった場合、
ゲップをさせないまま寝かせることがあると思います。
 

このとき胃の中は空気で張ったままです。
 

すると胃酸が混ざった母乳やミルクが
胃から食道に戻ってきます。
 

その結果、赤ちゃんは「胸焼けがする」「ムカムカする」
という状態になり、「う~~」とうなったりします。
 

そういうときは縦抱きにしてあげましょう。
 

重力で食道内の母乳やミルクが胃に下がります。
すると赤ちゃんは楽になります。
 

しかし、ずっと縦抱きしてはおけません。
やはりちゃんとゲップをさせてあげましょう。
 

【カンタン!】ゲップを出すための3つのテクニック

1.背中をトントンする(少し強めに)

一般的なのは、赤ちゃんを縦抱きして
背中をトントンとたたいてゲップをさせる
方法です。
 

この場合のコツは「少し強めに叩く」こと。
どうしてもおそるおそる叩いてしまいがちです。
しかしあまり弱いとゲップは出てきません。
 

赤ちゃんの首をしっかり支えておけば
少し強めでも大丈夫ですよ。
 

2.背中を下から上へさすってあげる

ひざに座らせて、背中を下から上へさする
ことでゲップをさせる方法もあります。
 

3.うつぶせにしてあげる

赤ちゃんをうつぶせにしてあげるのも
ゲップを出す良い方法ですね。
 

それでも駄目なら…

上の3つの方法で駄目なら、
上半身を高くして寝かせてあげると良いでしょう。
 

ハイローチェアとかバウンサーが便利ですね。
クッションやバスタオルで角度をつけてもOKです。
 

首が座っていない赤ちゃんは、
角度を上げすぎないように気をつけましょう。
 

また、ずり落ちたりする危険性もあるので、
赤ちゃんから目を離さないように!

 

ゲップを出さなくても良いときもある

赤ちゃんを寝かせても苦しそうじゃなければ、
授乳後だからといっても、
必ずゲップをさせる必要はありません。
 

赤ちゃんは空気を飲み込まずに、
母乳やミルクを飲むときもあるからです。
 

【まとめ】背中トントン、背中さすり、うつぶせにする、などが良い

まとめると、赤ちゃんのゲップがなかなかうまく出せない
という問題については、
 

・首をしっかり支えて、背中をトントンする(少し強め)
・ひざに座らせて背中を下から上へさすってあげる
・うつぶせにしてあげる
・上半身を高くして寝かせる

 
このような対処をすると良いでしょう。
 

だいたい生後3~4か月までは
授乳後にゲップをさせることを意識して下さい。
 

しかし、この期間はあくまで目安です。
 

赤ちゃんの様子を見て
「最近、授乳後に苦しそうにしなくなったな」
と感じたら、その時点で止めても構いませんよ♪